墓石の購入、霊園選びからお墓の管理方法までを解説

手順その1・霊園を選ぶ

霊園には大きく分けて、民営墓地、寺院墓地、公営墓地の3種類があります。それぞれの特徴と選択のポイントを説明します。

3種類の霊園/公営・民営・寺院

【民営墓地】
財団法人・社団法人や宗教法人・公益法人などが経営している墓地です。民営だからこそのサービスがあったりします。宗旨・宗派を問わず墓地として利用できます。また、生前建墓(寿陵)も可能です。

反面、墓石を購入する石材店が指定されていたり、永代使用料・管理費が高めであったりします。

【寺院墓地】
多くの場合、お寺の境内にあり、寺院が所有し経営・運営をしている墓地です。寺院にお墓を持つということは、そのお寺の檀家になることをとほぼ同義ですので、必ずそのお寺の住職にどのようなお付き合いをしていけば良いのかは確認した方が良いでしょう。

市街地にある場合が多く、利便性は高いですし、常に住職がいらっしゃるので法要などの際には助かります。ただし、お布施等の要求などもありますし、墓石のデザインの自由度はあまり無いと思います。

【公営墓地】
都道府県・市町村などの地方自治体が管理・運営している墓地です。自治体の運営ならではの安定した経営、料金(永代使用料・管理費)が低設定である点、石材店を自由に選択できる点、宗教・宗派を問われない点などがメリットです。

デメリットは契約の競争率が高いこと、好きな場所に建てられないこと。また「遺骨が既にあること」「現住所が墓地の管轄内にあること」といった条件があることでしょうか。

立地条件・設備

立地条件は、都心からのアクセスが良い方がいいにこしたことは無いのですが、都心に近ければ近いほど割高になるのでバランスが大事です。また、海の近く等の場合だと潮風で墓石が劣化することもあるので、専門家の意見を聞きながら墓石の素材を選ぶ必要があります。

設備面で特に注意したいのは、水はけの点です。水はけの良くない所だと、雨が降るとお骨が水に浸かってしまう場合などもあります。

継承者の問題

永代使用権は継承者がいないと購入できない場合もあります。使用権を買った人が亡くなってしまったら、管理費を払う人がいなくなってしまうからです。後継者が誰もいなくなってしまったら無縁仏ということになってしまい、お墓が撤去されてしまうこともあります。一定期間管理費が払われない場合も同様です。