墓石の購入、霊園選びからお墓の管理方法までを解説

お彼岸・お盆にすべきこと

ここでは、お彼岸とお盆の墓参りの作法やしきたりについて説明します。どちらも身近な行事ですが、意外と知らないこともあるかもしれませんよ?

お彼岸の墓参り

彼岸の語源は、仏教用語で梵語(ぼんご)の波羅蜜多(はらみつた)を漢訳した「到彼岸(とうひがん)」にあるとされています。年に二回、春のお彼岸と、秋のお彼岸の時期にお墓参りをするのが習慣になっています。

それぞれのお彼岸の時期は、下記のようになります。

【春の彼岸】
春分の日(3月20日~21日頃。年度によって異なる)を中日として、前3日、後3日を足した7日間。

【秋の彼岸】
秋分の日(9月22日~23日頃。年度によって異なる)を中日として、前3日、後3日を足した7日間。

お彼岸の中日には、春には牡丹餅、秋にはお萩(秋)をお供えすることになっています。これは春に咲く牡丹の花、また秋に咲く萩の花にちなんでそう呼ぶようです。また、牡丹餅はこし餡で、おはぎは粒餡で作るといった違いもあるそうです。

お彼岸のうちにお墓参りをして、お花の他にお団子などのお供えをし、お彼岸の明けの日には、再びお団子をお供えするのが一般的です。

お盆の墓参り

お盆も日本人には馴染みの深い行事です。正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)というそうですが、その語源は梵語で逆さ吊りの苦痛を意味するullambanaに漢字を当てたものだということです。

お盆の時期は、旧盆が7月13日~16日、月遅れ盆が8月13日~16日頃になります。地域によっては旧暦の盆である7月に行事を行うところもありますが、一般的には月遅れ盆が「お盆」として定着しています。ちなみに最初の日を迎え盆、最後の日を送り盆と呼びます。

お盆の準備としては、迎え盆前に家庭の仏壇・仏具を清め、仏壇の前に精霊棚を設け、お盆の間、先祖の霊をお迎えします。それにあわせてお墓参りを行い、墓石や周りもきれいに掃除するのが習慣です。送り盆には先祖を送るために火を焚きます。有名なものに京都の大文字五山送り火がありますね。

余談ですが、お盆にあの世から帰ってくるご先祖様は動物や虫の姿をしているから、お盆に殺生をしてはいけないと祖母から聞かされていました。実際に幼少時にお盆に祖母宅に帰省していた時のこと、一匹のきれいなバッタ(その時に見たのが最初で最後の珍しいもの)が現れて、もしかしてこれがおじいちゃんなのかと思ったことを鮮明に覚えています。