墓石の購入、霊園選びからお墓の管理方法までを解説

お墓参りの作法とは

お墓参りは春秋のお彼岸、お盆、故人の命日、年末などに行うのが一般的ですが、もちろんこの日にだけ行かなければならないと決められている訳ではありません。

それ以外でも進学・就職・昇進・結婚・出産等といった節目節目に報告としてお墓参りを行うケースは良くあります。お掃除も兼ねて年に数回は行く方が良いでしょう。

お墓参りの準備とマナー

お墓参りで使う物は、線香、ロウソク、生花、お供え用のお菓子や飲み物、数珠、ライターかマッチ、花ばさみ、タワシやほうき、ひしゃく、手桶、ゴミ袋など。何度か行けば、お墓がある霊園で借りられるものがわかると思いますので、この中から必要なものを持って行きましょう。

お墓参りの際は、霊園などであれば管理室や事務室に、寺院墓地であれば本堂へまず挨拶に行きます。

それから手を洗い清め、手桶で水を墓前まで運び、合唱してから墓石や花立て、香炉等の掃除を行います。墓石だけではなく、区画内の雑草を取り除いたり植木の枝を切ったりといった手入れもしましょう。ゴミや落ち葉、雑草なども取り除いて、砂利なども汚れていれば掃除をします。

お墓を掃除した後にはお供えをします。お花は、仏式の場合は一般的な菊がいいでしょう。次回にまたすぐにお墓参りができないような場合は、お花は持ち帰って下さい。

食べ物のお供えものも、置きっぱなしにはせず、必ず持ち帰って下さい。そして、お水を供えます。お酒を墓石にかけるのは、化学変化で墓石が変色したりシミになったりするのでやめた方がいいです。

お参りの順番は故人と縁の深い人から始めるのが作法とされています。しゃがんで、線香に火をつけて備えます。線香の火は息を吹きかけずに手であおいで消し、供えたら墓石の正面に向かって手を合わせて下さい。

合掌のやり方は、手に数珠をかけ、胸の前で左右の手のひらをぴったり合わせ、軽く目を閉じて頭を30度ほど傾けます。全員の合掌が済んだらお墓参りの手順としては一通り終わりです。これが一般的なお参りのマナーになります。

ただ、お墓参りの作法は地域によって異なりますし、人によっても違ってくると思いますので、よほど逸脱しているのでなければ気にしないのがいいでしょう。故人のご冥福を祈っていることに変わりはありませんから。