墓石の購入、霊園選びからお墓の管理方法までを解説

墓石の手入れ方法

ここでは、墓石の洗い方について説明します。方法を間違えると、墓石を傷つけたり、かえって汚してしまう場合があるので、正しい洗い方を覚えておきましょう。

墓石を傷めずにきれいにする方法

まず、墓石は布やスポンジ等に水を含ませて優しく洗って下さい。タワシなどでゴシゴシやると、表面が傷ついてしまうだけでなく、そこから変色やしみが発生することもあります。

家名などのへこみや、彫刻になっている部分はハブラシなどを使ってやると汚れが落ちやすいです。ただし、彫刻部分や角部分は欠けやすくなっていますので、力を入れ過ぎないように特に気をつけてください。

洗剤を使う場合、塩素や酸性、研磨材入りのものは避けて下さい。墓石専用の洗剤を使うのが理想ですが、中性洗剤を水で薄めて代用してもいいでしょう。

墓石にとってよくないものは、塩・お酒・木のアク・苔・枯葉などだそうです。お酒をかけたりするのは石にとってはあまり好ましくありません。また海辺の墓地では潮風が当たりますので、こまめに洗い流しておかないとすぐに汚れが染みついてしまいます。

植木や植物なども伸びてきたら切ってしまいましょう。雑草などは鎌で刈るのはもちろんですが、植木の枝などが伸びたままになっているのもよくありません。お墓掃除が終わったら、最後に乾いた雑巾で全体を拭いて終了です。

こまめにお墓参りや手入れに行けない場合は、墓石を購入した業者にメンテナンスを依頼する手もあります。汚れがひどく、自分ではきれいにできない場合なども、業者に相談してみた方が良いと思います。

砂利の洗い方

砂利もすぐに汚れてきてしまいますので、あまりにみすぼらしくなってきた場合は掃除してあげましょう。土の中に埋まってしまった砂利を掘り起こし、バケツに入れて洗います。

完全に埋まっていたり、あまりに状態が良くない場合には、新しく砂利を買ってきて敷きつめるのも一つの手です。砂利の手入れをする時には合わせて雑草なども取り払ってしまいましょう。

砂利は3~5cmの深さで敷いておくと、この雑草も生えにくくなるようです。それでもどうしても生えてくるので、こまめに掃除に行くしかないのですが。

墓石への保証やサポートが充実している
墓石販売業者の一覧表はこちら>>