墓石の購入、霊園選びからお墓の管理方法までを解説

お墓の引越しについて

遠方にお墓があると通えないことがあったり、後継ぎの問題などでお墓の引越し(改葬)を検討する人もいると思います。今回は改葬の手続きなどについて紹介しています。

改葬するための手続きとは?

改葬といっても、すぐにお墓を移動できるわけではありません。必要な書類を準備して改葬の手続きを始める必要があります。

準備する書類には、次のようなものがあります。

  1. 埋葬証明書:移動前の墓地を管理している方や自治体が発行しています。
  2. 受入証明書:改葬先のお墓・納骨堂を管理している方や自治体が発行しています。
  3. 改葬許可証明書:1、2の書類を移動前の墓地を管轄している役所へ持参し、申請書を提出することで発行してもらいます。

改葬するための費用

  1. 移動前のお墓で閉眼供養:1万円前後~
    地域・宗派によって差が出るため、事前に確認が必要です。一般的には、開眼供養・閉眼供養の費用は同じくらいの金額になるのが妥当であるといわれています。
  2. 墓石の撤去:20万円前後
    ひとつの目安として、一平方メートルあたり10万円前後が相場であると考えておくと把握しやすいようです。
  3. 墓石の移動:20万円~80万円前後
    移動に際しては、お世話になったお寺に対して「お心づけ」を準備するのが一般的であるといわれています。
  4. 墓石の購入:80万円~150万円前後(前の墓石受入が不可の場合)
  5. 納骨堂使用:20万円前後~(屋内のお墓に変更する場合)
  6. 改葬後のお墓で開眼供養:1万円前後~
  7. 埋骨費用:3万円前後~

改葬にかかる日数

改装前のお墓での閉眼供養、改葬先のお墓での開眼供養にそれぞれ1日ずつかかります。お骨は自分たちで取り出すことはできないので、住職の方と相談の上日程を調整していくことが必要になります。また、移動距離によっては日程の調整が必要になるので、あらかじめスケジュールをたてておくとスムーズです。

使用していたお墓では、解体工事が必要になります。更地にして返却しなければいけませんので、お寺や墓地を管理している方と相談しながら進めていきましょう。