墓石の購入、霊園選びからお墓の管理方法までを解説

永代使用料と管理費とは

お墓を建てるときには、墓石の代金だけでなく、霊園の手配にかかる費用も用意する必要があります。ここでは、霊園の永代使用料と管理費について説明します。

霊園の永代使用料

墓地(霊園)にお墓を設置する場合は、その土地を購入するわけではなく、土地の使用料として永代使用料というものを支払うことになります。

永代使用料は、霊園の立地や利便性、開発費用、施設や設備、周辺相場等を考慮して決定されているので、立地や交通アクセスの良し悪しにより宅地同様、価格に大きな影響を与えます。大都市圏に近ければ近いほど価格は高くなるということになります。

永代使用料は一括で支払い、支払い後に永代使用許可証(永代使用承諾証)を受け取ります。ローンはききません。不動産と違って、所有するわけでもないので売買はできませんし、永代使用権を転売することなどもできません。

永代という名のごとく、期限の無い永久の権利ですので、使用者の権利は代々子、孫にて受け継がれていきます。不要になった際には、無償返還となるのが一般的です。永代使用権を取得するには、継承者の存在が必要な場合もありますので、霊園の規定をよく確認しておきましょう。

霊園の管理費

霊園内の清掃費など、主に共用スペースの管理作業費用に当たる管理費が霊園ごとに決められています。

費用は民間の霊園の場合、1㎡あたり年間3,000円前後ですが、まちまちなのでこちらもしっかりと確認して、お墓を手に入れてからどれくらいのコストがかかるのかは把握しておきましょう。

もし、生前に自分のお墓を手に入れる場合、お墓が空っぽでもこの費用は払う必要がありますので、あまりに早く手に入れても無駄に管理費を払うといったことにもなりかねないと思います。その間、お墓の手入れ自体も時折行わなければ、劣化してしまう可能性もあるので、その手間も合わせて考えるとやはり、あまりに早く購入してしまうのはお薦めできません。

下記は、地域別に見た民間霊園の1㎡あたりの永代使用料・年間管理費のおおよその相場です。私が独自に調べたものなので、実際に契約する額とは多少違ってくるかもしれませんが、参考にはなると思います。

【永代使用料/年間管理費】

  • 札幌:14~16万円/2千円前後
  • さいたま市:28~50万円/3~8千円
  • 千葉市:7~26万円/3~5千円
  • 東京23区:100~300万円/2~3万円
  • 東京都下:30~150万円/2~9千円
  • 横浜・川崎市:70~150万円/2~9千円
  • 大阪府:40~60万円/2~4千円
  • 神戸市:30~40万円/3~4千円
  • 福岡市:20~28万円/3千円前後
  • 熊本市:10万円前後/1千円前後

霊園の手配も行ってくれる
墓石販売業者の一覧表はこちら>>